• 理念・ご挨拶
  • 各部門紹介
  • 当院の取り組み
  • 病院案内
  • 臨床指標
  • PR・パブリシティ(広報誌・雑誌)
  • 透析室
  • リハビリテーション室
  • デイサービスセンター
  • 看護部
  • 医療相談室
  • 臨床心理士
  • 居宅介護支援室

各部門紹介

透析室

安心とくつろぎの時間を・・・ 最新医療機器の安全管理を行いながら、あたたかい声かけにより、安らげる空間づくりを目指しています。 透析室の特色

アクセス管理・作成

シャントを含めたアクセス管理は、大きな問題点となっております。当院では、超音波検査・レントゲン検査を用いて、アクセス管理を行い、血管拡張術やシャント作成・動脈表在化・長期留置カテーテル留置など、患者様の状態にあった最適なアクセスを選び、快適な療養生活のサポートをさせていただいております。

オンラインHDF

  • 当院では、透析患者様により良い透析治療を提供するためオンラインHDF対応装置を導入致しました。
    (現在15台設置)
  • ○オンラインHDFとは?オンラインHDFとは、透析液を置換液として使用した血液透析濾過法です。
    体内に大量の透析液を注入しそれと同量の除水を行い通常の血液透析だけでは除去が困難な物質(透析アミロイドーシスの原因と考えられているβ2マイクログロブリン等)を積極的に取り除く治療法です。
  • 透析を長期続けると起こってくる合併症にアミロイドーシスがあります。
    これはβ2-ミクログロブリンという物質が関節や骨に沈着して神経を圧迫し、手の親指から中指にかけて痛みやしびれが出現する手根管症候群などを起こし、ひどくなると手術が必要になってきます。
    このアミロイドーシスの原因であるβ2-ミクログロブリンを積極的に取り除き、合併症を予防することができるのもオンラインHDFの特徴です。
    また、高い生存率が報告されています。
  • ○透析液清浄化について体内に大量の透析液を注入するため、よりクリーンな透析液でなければなりません。
    そのため当院では、透析液供給ラインの交換・清浄化フィルターの増設を行い厳重な管理をしております。

○オンラインHDFの利点

  • 透析患者さんの予後を改善させる。
  • 心臓への負担が少なく、血圧の低い方に有効である。
  • 腎臓にもやさしいため、尿が出る期間が延長する。
  • 炎症マーカーが減少して、酸化ストレスが改善する。
  • 貧血が改善する。
  • 栄養状態が良くなる
日本透析医会の自主機能評価指標に基づく自主機能評価指標 →