• 理念・ご挨拶
  • 各部門紹介
  • 当院の取り組み
  • 病院案内
  • 臨床指標
  • PR・パブリシティ(広報誌・雑誌)
  • 透析室
  • リハビリテーション室
  • デイサービスセンター
  • 看護部
  • 医療相談室
  • 臨床心理士
  • 居宅介護支援室

各部門紹介

リハビリテーション室

新たな一歩を踏み出すために・・・

当院では理学療法士、作業療法士、言語聴覚療法士から成る専門スタッフが、脳卒中やパーキンソン病などの中枢神経疾患だけでなく、骨折や切断、変形性の関節疾患などの整形外科疾患のリハビリテーションも行っています。疾患により障害を受けた機能を適切に判断し、効果的で質の高い医療によって、これからの生活のお手伝いができたらと思っております。

3つの特色
  • 理学療法部門(PT)

  • 理学療法では寝返り、起き上がり、立ち上がり、歩行などの基本動作の回復を目指します。
    また、麻痺や筋力など低下している機能を改善するために、運動療法を中心とした治療を行っています。御本人の能力を最大限に発揮し、自立生活の獲得に向け、能力の向上や社会復帰など在宅での生活においても安心して生活できるよう、一人一人の目的に応じて対応致します。
  • 作業療法部門(OT)

  • 作業療法では、その人らしい生活が送れるよう、安全で安心な生活能力の向上を目指し、様々な作業活動を用いた治療を行っています。精神機能の安定を図りながら、麻痺や筋力低下等の運動機能、注意力・記憶力等の高次脳機能の回復を促します。
    また、生活空間の環境整備や福祉用具、自助具の紹介を行い、家庭復帰、社会復帰の支援を行います。
  • 言語聴覚療法部門(ST)

  • 言語聴覚療法では、失語症・構音障害などのコミュニケーションに障害のある方や食物を食べる摂食嚥下機能に障害のある方に対し、症状に応じた練習や検査を行います。
    また、ご家族にも協力していだたき、様々な方と楽しく会話ができ、おいしく食事ができるようお手伝いを致します。
「お問い合せ」